top of page
  • 執筆者の写真NorthQuest |びえい未来ネット

(No.134)第2報~2040年の年少人口推計から見えた明らかにすべき問題

2040年の美瑛町の人口推計が6851名で2013年集計対して1.8%のアップと政策は一定のマッチングを示した格好。しかし小学生から高校生の推計人口は改善の傾向がみられない。2040年の姿を描いてバックキャスティング※でみた公共施設等の計画の妥当性を確かめる必要がある。※未来を基準に現在に遡ること



 

児童生徒数の現状

令和5年のわが町における児童生徒数は下図↓↓のとおりです。クリックで拡大。


美瑛町教育委員会資料
美瑛町教育委員会資料

 

児童生徒数の2040年推計

ブログ(No.133)で紹介した2040年の年代別人口推計から、年少人口の部分を切り出しました。下図↓↓


児童生徒数にあたる年齢区分にアンダーラインを引きました。オレンジの2020年は国勢調査による実績値です。赤色の2040年は今回(2023年)の推計値です。

  • 小学校・中学校の年齢にほぼ合致する5歳から14歳までを合わせて、2020年は703人→2040年は370人(47%減

  • 高校生の年齢にほぼ合致する15歳から19歳までを合わせて、2020年は386人→2040年は179人(53%減

クリックで拡大します

国立社会保障・人口問題研究所 2023/12/23公表より市町村コード1459(美瑛町)で抽出したもの

 

ふたつのデータから導かれるものは

2040年までのどこかの時点で、小学校と中学校をそれぞれにあるの程度の集約が必要と感じます。→必要がある/ない:町民と議会と行政の議論のプロセスとコンセンサスが必要。

  1. 令和5年の財政運営計画では令和7年に明徳小が、令和8年に美馬牛小がそれぞれ5000万円(地方債)で改修計画とあります。地方債を完済する前に児童がいなくなるのではと心配です。

  2. 学校施設の長寿命化計画(P44-47)の第1期(2021年から2030年)には生徒数を基準に集約を検討した形跡はなく、自信がもてるものかと感じます。


美瑛高校は、現状の人口でクラス定員の半分(20人)を確保できるかが存続のポイントで、議会の質問では町立化のキーワードも出ています。

  1. 人口推計と財政を対等にひとつのテーブルに載せて町民にガラス張りの議論のプロセスが必要と思います。


 

まとめ

人口問題では過去の経験で判断できない問題に直面します。

  1. こういう時に、MUST-CAN-WILLの原則での議論と判断が肝心です。・・・やらなければいけないか(必要、MUST)、できるかどうか(CAN)、やりたいかどうか(WILL)

  2. やりたい(WILL)が先行するとあまり良くありません。個人の思い(WILL)では必ず意見の対立が生まれます。

  3. やらないといけない(MUST)が先にあって、つぎに頑張ればできるかどうか(CAN)をヒト・モノ・カネで判断すれば、コンセンサスができやすいです。・・・やりたくてもヒト(児童・生徒)がいなければできません。


今回はここまでです。これからまちづくりのリーダーを目指す皆さんはどう思われますか?

2024-1-24 Noriaki Gentsu @ NorthQuest

 

参考資料

エクセルデータ(なおエクセル表↓↓は市町村コード1459で抽出済みの状態)


2023 suikei_kekka
.xlsx
ダウンロード:XLSX • 7.47MB

なお国立社会保障・人口問題研究所のTOPページの、「3. 都道府県・市区町村別の男女・年齢(5歳)階級別将来推計人口」からエクセルデータをダウンロードできます。(2024-1-22

追記)  

 

あなたもメールマガジンに登録して、ブログの新着記事をひと足はやくゲットしましょう・・・登録はTOPメニューから


このブログがよければ、下にある「いいね」を押してください。押した人の情報はどこにも表示されません。


本サイトのFacebookページに「いいね!」か「フォロー設定」することで、新着ブログの情報をGETすることもできます。


 

閲覧数:52回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Comments


bottom of page