• NorthQuest |びえい未来ネット

(No.89) 議会レビュー|移住希望者に優しくおもいやりのある移住定住対策(一般質問・安田議員)

最終更新: 6月21日



あらすじ 美瑛町議会 6/18ー令和2年度第4回定例会。保田 仁議員の一般質問の項目に沿って、質問と答弁のやり取りから明らかになったことを要約した。質問相手は町長。 なお、詳細なやりとりは、Youtube/びえいの議会/会議録を参照されたい。このブログの目的は議事録ではなく、まちづくりのテーマを町民にわかりやすく共有すること。

Q1.新設の移住定住対策のワンストップ化は図れるか?

◆移住定住の一連の業務を4月からまちづくり推進課の移住定住推進室に集約

◆移住の前後を信頼関係をもってフォローするコーディネーターを配置予定。専門や資格より人としてのふれあいを重視する視点で人材を7/1から公募ー6/19補正予算。

◆以上により、移住定住推進についてのワンストップ体制を構築。



Q2.本町の子育てや福祉制度の情報をどう情報発信するか?

◆まちの魅力や住まい、子育て支援、高齢者福祉などライフステージに沿った施策を一つに解りやすくまとめたホームページ改良(移住情報のポータル的なもの)

◆関係人口に対するSNSによる効果的な情報発信。ふるさと納税や異業種交流で蓄積したターゲットに対し、テレワーク・サテライトオフィス・農村移住などを働きかけ。いま進めているテレワークモデル事業から得た提案を反映。



Q3.相談から体験、起業、就労支援の一環サポート体制について?

◆まちづくり総合計画とも連動しながら、美瑛町移住定住促進計画(仮称)を7月中に策定。ニーズの把握、施策の評価、見直しなどによって移住定住の推進を図る。全庁的な取り組みの根拠となる計画。

◆町内各団体と情報の共有を通じて、定住人口の増加を促進するための組織の構築を検討。一定の進展のあと関係団体との協議会を設立。



まとめ

  • ながらく解決しなかった課題に対し、ようやく体制ができた。あくまでも目標は、移住者の増加と域内経済の活性化にあることを確認する。

  • その意味で、美瑛町移住定住促進計画は「人口ビジョン」や「まち・ひと・しごと総合戦略」と目標が連動させる必要がある。その際、移住者と転入者あるいは定住者とは何か、重複部分はどこか定義する必要があるだろう。

  • また、いままでうまくいかなかったことがこの施策でできるようになるか、やってみなければわからないところもある。目標に対して、体制や施策をこまめに見直していくことがよいだろう。


(Noriaki Gentsu @NorthQuest)

美瑛町6月議会、9名の議員の一般質問の速報はこちらをクリック→ https://j.mp/2uhqlCr

この速報は議事録や会議録ではなく、議会で議論したまちづくりのテーマの要約です。

・議員から町の方針をきく質問は、町の答弁をメインに記載します。

・議員から提案や問題を出した質問は、質問と町の答弁を併記します。

・当初と文脈の変わる再質問は、別の段落に記載します。



0回の閲覧

NorthQuest, Hokkaido Japan

Copyright ©2016 by NorthQuest and Noriaki Gentsu.  All Rights Reserved.

Facebook Cover Copy.jpg